back

復元設計:黒田龍二、CG.NHK・タニスタ
「太陽と水」の宮殿 CGで再現 卑弥呼の登場!

復元された中心建物(手前からABCD)で
東西一直線上に並んでいる。
(復元設計:黒田龍二、CG:©NHK・タニスタ)
04 宮殿は3階建てのビルに相当、伊勢神宮・出雲大社の原型?
「卑弥呼の宮殿」か。2009年11月に発見された。当時では最大級の建物跡(写真一番右端のD棟)。 神戸大学の黒田龍三教授(日本建築史)の論考にもとづいて、NHKと制作会社タニスタが再現したコンピュータ・グラフィックの作品をお借りした。
建物Dは、柱の並び方から推定で、南北19.2m、東西12.4m、高さは10〜12mで3階立てのビルに相当する。
柱と柱の間隔は東西約3m、南北約4.8m。床面積は約240uで3世紀前半の建物だ。
この大型建物跡の周辺からは生活をにおわせる土器はほとんど出てこない。
単なる住居ではなく「聖なる場所」だったことを裏付けている。時の為政者の宮殿だった可能性が高い。 A〜Cの建物群は衛兵の詰め所、宝物庫、武器庫などと推定されているが、いずれの建物も同じ方向に向き、それぞれの中心線は、完全に東西の同一線上に並んでいる。これはこれまでになかったことで、都市計画がきっちりとされた、日本ではじめての最先端の建造物だ。
黒田教授は、建物Dについては殿内の使用を中心とした独立した建物とし、数少ない類例として出雲大社本殿をあげ、またすぐ東側の建物Cはその構造上、伊勢神宮本殿の原型に近いと説明している。
Page Top

復元された大型建物の内部の想像図
東西一直線上に並んでいる。
(復元設計:黒田龍二、CG:©NHK・タニスタ)
05 聖なる建物 その内部を見てみると…
遺跡は東西に走る旧河川で分断され、大型建物は北側の微高地に立地している。遺跡内には数本の橋が掛かっている。また、大型建物の周辺では大和川につながる高度な土木技術で護岸を施した大溝(運河)や祭祀場も見つかり、清水を宮殿の周辺に引き込んでいた。
宮殿がある中心区域を水で囲み、巻向山を源流とする巻向川からの水をたたえた「聖なる場所」。
大部屋といくつかの小部屋に分かれ、ごく一部の接見が許された者のみが入室することができた。
建物の中心線を、東に延長すると巻向山の方向に至り、山から昇った太陽が宮殿を照らす。
卑弥呼の名前の由来も「太陽(日)の巫女(みこ)」から来ているという説もある。
卑弥呼は、ここで太陽の光を受けて、中国の魏から贈られた鏡に向かって祭祀を行ったのかもしれない。
Page Top

世紀最大の大型建物跡発見!2009年11月の現地説明会には
全国から考古学・邪馬台国ファンが集まった。
(西から撮影、右上は三輪山 提供 / 桜井市教育委員会)
  「卑弥呼の王宮か」の見出しで大型建造物跡発見を伝える奈良新聞